ウォーターサーバーの市場の競争について

市場がある限りは競争が起こるのは当然のことで、参加する企業が増えれば増えるほど激化していきます。ウォーターサーバーでも同じ事が言えて、かつてはそれほど多くの業者がありませんでしたが、最近では多くの業者が参入しているために激化してきていると言えるでしょう。

市場での競争が起こることによって何が起こるのかというと、まず低価格化が起こります。消費者は低価格のサービスを求めていますから、企業は自社製品を購入してもらうために価格を下げていきます。ですから、全体として低価格化になると言えるでしょう。

かつてはウォーターサーバーを扱っている業者はあまりありませんでしたから、ほぼ独占的な状態が続いてきたと考えられます。その当時はかなり高いサービスだったのです。しかし、最近では多くの企業が参入することによって価格が下げられるようになってきています。

大手食品メーカーなども参入してきていますから、量産体制も整ってきていて、そろそろ価格は下げ止まってきたと考えられます。もう一つは二極化です。

とにかく安いものと、高くて付加価値の高いものとにサービスが分かれています。とにかく安いものを選ぶ消費者と、高くてもブランドのあるものを選ぶ消費者と似二極化しているために、サービスもこのように二極化してきているのです。